DODAは第二新卒の転職に強い?評判を徹底調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

DODAを利用してみようとは思うけれど、実際の口コミや評判を聞いてから決めたい。

そう思っている方も多いでしょう。

実際に使っている人の意見を聞いてみないと本当に使ってもよいのか不安になってしまうのは当然です。

そこで、この記事では信頼できる口コミを集めて、DODAの評判はどうなのか、第二新卒には強いのかどうかを検証しました。

ぜひ、転職エージェント選びの参考にしてください。

DODAの特徴

DODAは転職エージェント業界で、実績・求人数共に業界第2位を誇る総合型の大手転職エージェントです。

DODAは人材会社大手のインテリジェンスが運営しています。

公開している求人数だけでも3万件を超えており、非公開求人数は公開求人数の3倍もあるとも言われています。

DODAはIT業界やWEB業界の求人に強く、業界でもITやWEB業界への転職実績は業界トップクラスです。

また、アパレル業界やファッション業界に特化したDODAの子会社であるクリーデンスが業界トップになるなど、様々な業界に強いと言えるでしょう。

さらに、DODAではハイクラスやエグゼクティブの求人にも強く、年収アップやキャリアアップが狙える求人を多数保有しています。

また女性の転職にも強く、女性専用のサイトを立ち上げていますし、海外の求人も多数保有しているなど、各方面で強さを発揮するDODAは登録しておきたい大手転職エージェントの一つです。

キャリアコンサルタントの質も高く、丁寧で親切だということで利用者からも高い評価を得ています。

▼公式サイトから登録▼

DODAのメリット・デメリット

DODAが業界2位の実績を誇ると言っても自分に合うエージェントでなければ意味がありません。

そこで、DODAのメリットやデメリットを見比べて自分に合っている転職エージェントかどうか見極めていきましょう。

メリット

  • 圧倒的な求人数と質の高い求人が多い
  • キャリアコンサルタントの質の高さは業界でもトップレベル
  • 転職に必要なサービスが多い

デメリット

  • 求人の中に質の悪いものが紛れていることがある
  • キャリアコンサルタントが忙しすぎる
  • メールで届く案件数が多すぎる

メリットはさすが大手転職エージェントというべきですが、デメリットを見ても大手転職エージェントならではというところもあります。

では、メリットとデメリットをそれぞれ詳しく解説していきましょう。

DODAのメリット

圧倒的な求人数と質の高い求人が多い

DODAの総求人数は10万件に及ぶとも言われています。

10万件もの求人ですので質も悪いのではとおもわれるかもしれませんが、DODAの求人は質が高いと高い評価を得ています。

また、それぞれの業界に特化した求人も多いですし、DODAの独占案件も多数保有しています。

取引先企業も大企業からベンチャー企業まで様々で、ハイクラスやエグゼクティブ求人に特化していることもあり、高い年収の求人も多く保有しています。

年収アップやキャリアアップ、IT業界やWEB業界への転職、異業種への転職を希望しているなら登録しておいて損はないでしょう。

キャリアコンサルタントの質の高さは業界でもトップレベル

DODAのキャリアコンサルタントは質が高いことで有名です。

特に、履歴書や職務経歴書の添削や面接指導に関しては高い評価を受けており、さらに登録者と求人企業のマッチング力も高いと評判です。

また、登録後に行われるセミナー活動も業界トップレベルの質ということで高い評価を得ています。

DODAの求人はITやWEB業界、ハイクラスやエグゼクティブクラスに強いなど求人によって強みが違いますが、それぞれの業界に精通したキャリアコンサルタントですので、高い知識と実績のあるコンサルタントばかりです。

転職に必要なサービスが多い

DODAは求人数やキャリアコンサルタントの質を見ただけでも登録しておきたい転職エージェントだと言えますが、他にも転職に必要なサービスが色々あります。

例えば、スカウトサービスやヘッドハンティングサービスもその一つです。

スカウトサービスは自分の履歴書や職務経歴書などを登録しておけば、その情報を見て興味を持った企業からメールが届くというものです。

ヘッドハンティングサービスは主にエグゼクティブ向けとなっており、これまでの職場でキャリアやスキルが高い人は実力がある為ハイクラス求人を出している企業からヘッドハンティングされることもあります。

このほか、キャリアタイプ診断や、自分の実績やスキル・キャリアからどれくらいの年収が妥当なのかがわかる年収査定サービスなどもあり、転職に必要なサービスが盛りだくさんの転職エージェントとなっています。

▼公式サイトから登録▼

DODAのデメリット

求人の中に質の悪いものが紛れていることがある

DODAの求人は基本的には質が高く年収の高いハイクラス求人や、キャリアの高いエグゼクティブ求人などを多く保有しています。

その他の求人もこれまでのDODAが築き上げてきた実績がありますので質の高い求人が多いのですが、DODAをじっさいに利用した人の口コミを見ていると質の悪い求人が紛れていることがあるようです。

求人情報をもらった時は、エージェント任せにするのではなく、自分できちんと調べる必要があります。

キャリアコンサルタントが忙しすぎる

これは、大手転職エージェントにありがちなことなのですが、DODAのキャリアコンサルタントは企業と登録者の双方を担当するため多忙な人が多くつかまりにくいというデメリットがあります。

さらに、登録者数が多いため、一人のキャリアコンサルタントが複数の登録者を担当しますので大手ならではのデメリットと言えるでしょう。

急ぎでキャリアコンサルタントとコンタクトを取りたい場合は、DODAに直接連絡を入れ、「急ぎで連絡を取りたい」ということを伝えましょう。

メールで届く求人数が多すぎる

DODAに登録すると、登録者の情報を見て興味をもった企業が連絡をくれるスカウトサービスがあります。

このスカウトサービスで来るメールの他に、自分の希望条件に合った求人などの情報も送られてくるため、DODAからの求人メールはかなり多くなります。

あまりに求人メールが多く管理しきれない時は、求人の内容にサッと目を通し、自分が妥協できない部分がある求人はカットしていくなど対策が必要です。

▼公式サイトから登録▼

DODAが第二新卒転職に強い(弱い)理由

DODAが第二新卒に強いか弱いかで判断すると、ある職種に関しては強いと言えます。

ですが、第二新卒に特化した転職エージェントに比べると、まだまだ求人数が少ないので決して強いとは言い切れません。

ですが、大手転職エージェントということやキャリアコンサルタントの質を考慮すると第二新卒の転職は十分に可能です。

DODAが第二新卒に強い理由は、「第二新卒の求人が増加しており有効求人倍率が2.5倍以上ある」ということと「キャリアコンサルタントの質が高く知識も豊富なため第二新卒でも転職に成功しやすい」ということが挙げられます。

ですが、第二新卒全ての人に強いわけではなく、特にIT業界は元々求人数が多く第二新卒向けの求人で一番多い業界です。

ですが、他の業種は第二新卒の求人が少ないため、「第二新卒でもIT業界なら転職しやすい」というところは、DODAの弱いところと言って良いでしょう。

ではDODAが第二新卒に強い部分と弱い部分の詳しい解説をしていきましょう。

1.第二新卒の求人が増加しており有効求人倍率が2.5倍以上ある(強い)

DODAの第二新卒向けの求人は2010年頃から上昇しており、2017年の有効求人倍率は2.5倍にものぼります。

これは、一人につき2.5件のの求人があるということですから、第二新卒向けの求人は多いと言っても良いでしょう。

ただし、第二新卒向け転職エージェントに比べるとまだまだ少ないので、求人数で見ると劣ってしまいますが、求人の質が高いのでDODAでの有効求人倍率2.5倍は手第二新卒が転職するのに十分な数値だと言えるでしょう。

2.キャリアコンサルタントの質が高く知識が豊富で第二新卒でも転職しやすい(強い)

第二新卒ということは転職に慣れていない人が多く、転職のノウハウも知らない人が多いということです。

ですが、DODAのキャリアコンサルタントの知識や実力があれば第二新卒でも転職に成功することは十分可能です。

DODAのキャリアコンサルタントは転職エージェント初心者でも丁寧に教えてくれますし、親身になって親切に対応してくれますので、キャリアコンサルタントの質も第二新卒が転職する上で大きな力となってきます。

3.第二新卒でもIT業界なら転職しやすい(弱い)

第二新卒の求人が増えてきているとはいえ、DODAの保有する第二新卒向けの求人はIT業界が多くなっています。

現在、IT業界は人手不足の状態でDODAが持つ第二新卒向けの求人の中でもIT業界の有効求人倍率は6.12となっており、かなり高い有効求人倍率となっています。

1人につき6.12の求人がある状態ですから、IT業界への転職に強いと言えますが、それ以外の業種を見てみると事務やアシスタント系の有効求人倍率は0.23、商社や流通関係は0.77、化学・食品関係の技術職は0.99など、いずれも1を切っていますので1人につき1件の求人も保有していないということになります。

第二新卒向けの求人で比較的求人が多いのは、先ほどのIT関連と営業職、電気・機械の技術系、建築・土木の技術系、専門職となっていますので、これらの求人以外は求人が少ない状態です。

ですので、IT業界や技術系以外の求人は少ないので第二新卒でもこれらの業界以外への転職を希望しているのであればDODAは第二新卒の転職に強いとは言えないでしょう。

DODAの評判

DODAの評判を見てみると、やはり求人数の多さやキャリアコンサルタントの質に関して良い評判が多くなっています。

一方、キャリアコンサルタントの中でも経験の浅い人の場合悪い印象があったという人もいますし、キャリアやスキルが低いと自分の希望条件に合う求人を紹介してくれないという口コミも見ました。

では、実際にDODAを利用した人の口コミを見ていきましょう。

DODAの良い評判

私は団体職員をしているので、職種は管理部門での転職を希望しており、業種は関係なく求人を紹介してもらいました。

そもそも管理部門の求人は少ないようでしたが、それでも20件ほど紹介してもらえたので良かったと思います。

出典:http://tenshoku.wiki/doda/

 

実際に公開されている求人だけでなく、非公開求人と言われる会員のみに提供される求人もかなり多いようで、実際に紹介される案件は数が多いと思います。

非公開求人は自分では探すことができないので、キャリアコンサルタントが自分に合った案件をうまく見つけてくれるとかなりメリットがあると思います。

出典:http://tenshoku.wiki/doda/

 

職の会社が倒産し仕方なく転職の必要があったため、転職支援会社を利用するのは初めてでしたが、インテリジェンスのDODAに登録しました。

会社の倒産は自分としても本当に不運だったと思うのですが、30代くらいのエージェントの担当の方も私の立場に立って親切に話を聞いてくれました。

出典:http://tenshoku.wiki/doda/

 

転職活動を先延ばしにしてもいいことがないとわかりました。

インテリジェンスでサービスを受けるのはこれからですが、まずは一般的な社会の意見を聞けたのはたいへん勉強になりました。

出典:http://tenshoku.wiki/doda/

 

担当の方も優しい方が多く、親身になって相談に乗ってくれたりとサポートにも力を入れているように感じました。

面接や経歴書の対策なども優しく厳しく対応してくれました。

出典:http://tenshoku.wiki/doda/

▼公式サイトから登録▼

DODAの悪い評判

メールなどで求人を何件か紹介してもらいましたが、自分の希望に合った求人がなかったので、何件か断ったらぱったりと連絡が来なくなりました。

ですので、全体的にあまりいい印象はなかったです。

出典:http://tenshoku.wiki/doda/

 

面談で僕がIT系のキャリアを持っていて、できるだけ残業がないような企業が良いということを伝えました。

しかし担当のキャリアコンサルタントは「IT企業に残業がない企業はない」といったことを言われました。探す努力くらいはしてほしかったです。

出典:http://tenshoku.wiki/doda/

 

自分は、仕事辞めてたから、半年くらいかけてじっくり探そうかなと思ってたけど、そんなことしてるとリスクになるとばっかり言われて、コンサルタントは業績のために早めに転職させようと思ってるのかと思ったね。

自分の要望も結構変わったから、偉そうなことは言えないけど、そんな営業的な感じは実際したかな。

出典:http://tenshoku.wiki/doda/

 

面接の結果も指定されていた日には連絡がなく、途中経過の報告もないまま、1週間待たされることになりました。

結局、不採用だったのでなおさら早く連絡がほしかったです。

出典:http://tenshoku.wiki/doda/

 

友達はDODAで出会ったキャリアコンサルタントがとても親身になって相談に乗ったり対応してくれていたので、良い転職ができたそうです。

私もそれを期待してDODAに登録していたのですが、いざサービスを受けるとなると私の担当はとても態度が悪く、不快な思いをしました。

出典:http://tenshoku.wiki/doda/

▼公式サイトから登録▼

DODAがおすすめな人

DODAは求人数が多いということと、キャリアコンサルタントの質が高いという特徴を見ていると、「自分の進むべき道が見えていない人」におすすめの転職エージェントです。

スキルやキャリアはあっても、「今と同じ業種や職種の仕事には就きたくない!でも、自分に向いている業種や職種がいまいちよくわからない」という人はキャリアコンサルタントの質が高いDODAの利用をおすすめします。

自分に合った業種や職種がわかった段階でもDODAなら求人数が多いので十分求人はありますから異業種や異職種への転職も可能でしょう。

また、IT業界やWEB業界、ハイクラスやエグゼクティブクラスに強い転職エージェントでもありますから、これらの業界への転職を希望している人にも向いている転職エージェントです。

DODAと一緒に使うべき転職エージェント

これまでDODAのメリットやデメリット、特徴などをお社内してきました。

総合的に見て評価の高い転職エージェントですが、完璧ではありません。

そこで、DODAでは得られない「未経験者歓迎の求人を多く保有している」「質の高いキャリアコンサルタントの手厚いサポートを受けることができる」などの部分を補うために、DODAと併用すると良い転職エージェントを3社ご紹介しておきましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、大手人材会社のマイナビが運営している転職エージェントで、未経験者歓迎の求人を多く保有しています。

第二新卒や即卒、フリーターなど社会経験がない若い世代に特化した転職エージェントのため未経験者歓迎の求人が多いのです。

未経験業種や未経験職種でも年収アップできるほどキャリアコンサルタントの実力は高く、対応も親切で丁寧だと高い評価を得ています。

面接通過率の高さは業界でもトップクラスで、採用率の高い転職エージェントと言えるでしょう。

▼公式サイトから登録▼

spring転職エージェント(旧アデコ)

spring転職エージェントは、国内ではなく世界第1位の実績を誇る最大手転職エージェントです。

外資系や海外求人に強い転職サイトですが、国内外ともに拠点が多く、幅広い求人を保有しています。

登録者と求人企業とのマッチング能力はとても高く様々な年代に対して優良な求人を多数保有しています。

ハイクラスやエグゼクティブ求人もある転職エージェントですが、異業種や異職種への転職にも強く、スキルやキャリア不足から他の転職エージェントで登録を断られてもspring転職エージェントなら断らずに求人を紹介してくれるというほど、登録者には親切で丁寧な対応をしてくれます。

▼公式サイトから登録▼

type転職エージェント

転職エージェント業界でもtype転職エージェントのキャリアコンサルタントの質が高いことはとても有名です。

IT業界やクリエイティブ、コンサルなどの求人に強いのでDODAの求人と多少かぶってしまうところがあるかもしれませんが、type転職エージェントもDODAも非公開求人が多いため独占求人を多く保有しています。

また、IT業界での求人数はtype転職エージェントが業界トップクラスですので、IT業界やクリエイティブ系の仕事に就きたい人は要チェックの転職エージェントです。

type転職エージェントの年収アップ率は71%と業界でもトップクラスの高さです。

しかも、異業種から未経験での転職でも年収アップしていますから登録しておいて損はないでしょう。

ただし、type転職エージェントは東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県に特化した転職エージェントです。

全国規模ではありませんが、その分登録者数が少ないため手厚いサポートを受けることができます。

▼公式サイトから登録▼

まとめ

DODAのご説明をしてきましたがいかがでしたか?

DODAは転職エージェント業界でも求人の質、キャリアコンサルタント質、拠点の多さなど総合的に判断してもマイナス要因が少ない転職エージェントです。

さすが業界実績第2位と言われるほどの実力を持っています。

転職エージェントを利用する際は、必ず大手転職エージェントを1社は入れておきたいものです。

求人数、キャリアコンサルタントの質などを考えるとDODAを利用して損はないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*