パソナキャリアは第二新卒の転職に強い?評判を徹底調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

パソナキャリアを利用してみようとは思うけれど、実際の口コミや評判を聞いてから決めたい。

そう思っている方も多いでしょう。

実際に使っている人の意見を聞いてみないと本当に使ってもよいのか不安になってしまうのは当然です。

そこで、この記事では信頼できる口コミを集めて、パソナキャリアの評判はどうなのか、第二新卒には強いのかどうかを検証しました。

ぜひ、転職エージェント選びの参考にしてください。

パソナキャリアの特徴

パソナキャリアは業界第4位の実績を誇る総合型の大手転職エージェントです。

パソナキャリアは特に女性の転職をサポートしている転職エージェントで、女性からの人気が高くなっています。

女性に特化したということではありませんが、女性向けサービスが充実しており、女性向けの求人も多く保有しています。

また、第二新卒やフリーターなど社会経験が少ない人向けの求人にも強く、新しい業種や職種にチャレンジする人にも最適な転職エージェントです。

未経験でもチャレンジできる求人がある一方、大手転職エージェントですので大企業や優良企業の求人も保有しており、キャリアアップしたい人や年収アップしたい人にも向いています。

パソナキャリアの年収アップ率は67.1%あり、この数値はとても高いものです。キャリアコンサルタントの質も高く年収交渉力も高いため、年収アップを狙っている人にはおすすめです。

パソナキャリアを実際に利用した人のアンケートを見てみると満足度が96%という驚異的な数値をたたき出しているため、キャリアコンサルタントがどれだけ丁寧で親切なサポートをしているかわかります。

パソナキャリアは他にも特徴があり、地方の求人が多い傾向があります。首都圏や大都市圏の求人が多い転職エージェントは多々ありますが、全国的に拠点が多いパソナキャリアは地方の求人も豊富です。

業界第1位のリクルートエージェントや業界第2位のDODAに比べると求人数は少なく、総求人数は2万件以上となっていますが、取引先は16,000社にも及び、質の高い求人が多く見られます。

求人の内容を見てみると営業・企画・管理・技術職が多いのですが、女性向けの求人は事務職や医療関係などの求人も多く幅広い職種の求人が揃っています。

パソナキャリアのメリット・デメリット

パソナキャリアは求人の質やキャリアコンサルタントの質などメリットとなるところも多いのですが、求人が少なめというデメリットもあります。

転職エージェントを選ぶ時は、メリットとデメリットの両方を見た上で自分に合っているかを判断しなければなりませんので、パソナキャリアのメリットやデメリットがどのようなものなのかご説明していきましょう。

メリット

  • 女性は登録しておいて損はなし
  • 年収アップが期待できる
  • 地方の拠点が多く地方の求人も豊富

デメリット

  • 大手転職エージェントでも求人数が少なめ
  • 面談でのカウンセリングは東京・大阪・名古屋のみ
  • 幅広い職種や業種を扱っているが偏りがある

パソナキャリアのメリットとデメリットを探してみると、このような内容になります。

では、それぞれ詳しく解説していきましょう。

パソナキャリアのメリット

女性は登録しておいて損はなし

パソナキャリアは女性の転職サポートに重点を置いています。

20代~30代の女性はキャリアアップや年収アップしたいという人が多く、40代になると子育ての合間に仕事がしたい、または子育てたひと段落したから仕事に打ち込みたいなど女性が仕事をする理由は様々です。

キャリアアップや年収アップしたい、仕事を頑張りたいという女性にはその人にあった求人を紹介してくれますし、大企業や優良企業への転職も可能です。
ですが、転職が大変なのは家庭を持っている女性です。

家事や育児と仕事を両立するわけですから、勤務時間や勤務体制、育児休暇はあるのかなど様々な問題が出てきます。

そんな女性のワークライフバランスを考えて求人を紹介してくれるのがパソナキャリアです。

登録している女性それぞれのワークライフバランスに合わせてマッチングする企業を紹介してくれますので、家庭と仕事の両立をしたい女性には特に力強い味方となるでしょう。

年収アップが期待できる

パソナキャリアは年収交渉力が高いため、年収アップ率は67.1%と、とても高くなっています。第二新卒やフリーターなど転職経験や社会経験の少ない世代のサポートを強化している中での年収アップ率67.1%はとても高い数値と言えるでしょう。

パソナキャリアは大企業や優良企業、ベンチャー企業まで幅広い求人を保有していますので、年収アップと同時に自分が就きたい業種や職種に就けるのは大きなメリットと言えるでしょう。

地方の拠点が多く地方の求人も豊富

パソナキャリアの特徴の一つとして地方に拠点が多いという点があります。もちろん、大都市圏と比べると求人数は劣りますが、それでも各地域で求人を保有しているため地方の人でも自分に合った求人に出会えるチャンスがあります。

大手転職エージェントでも大都市圏の求人が圧倒的に多く、地方の求人数が少ないという所が多いので、地方にお住まいの人には大きなメリットとなるでしょう。

パソナキャリアのデメリット

大手転職エージェントでも求人数が少なめ

パソナキャリアは大手の中でも求人数が少なめというデメリットがあります。最大手のリクルートエージェントの総求人数は15万件を超えるとも言われています。
それと比べると求人数が約20,000と聞くと少なく感じるでしょう。

ですが、パソナキャリアの求人の約8割は非公開求人で独占求人となっています。

ですので、求人数は少なくても他のエージェントと求人が重なる可能性も低いですし、質の良い求人が多いことが分かります。

面談でのカウンセリングは東京・大阪・名古屋のみ

パソナキャリアは全国各地に拠点があり、地方の求人数も多いのはメリットなのですが、キャリアコンサルタントと顔を合わせてカウンセリングができるのは東京・大阪、名古屋の3地点のみとなります。

それ以外の地域は電話でのカウンセリングとなるので不安に思うかたもいらっしゃるでしょう。

もちろん、面談でも電話でもカウンセリングの内容が変わることはありませんので、質の高いサポートを受けることはできますが、3地点意外は電話によるカウンセリングになることを覚えておきましょう。

幅広い職種や業種を扱っているが偏りがある

パソナキャリアは総合型の転職エージェントのため様々な職種や業種の求人を扱っていますが、扱っている求人に偏りがあります。

パソナキャリアの求人を見てみると電気・電子・機械・化学エンジニアが全体の18.4%を占め、企画・人事・総務・経理・事務が17.6%、営業が17.4%、ITやWEBエンジニアが13.3%となっており、これ以外の職種に関しては全体の7%以下の保有率となっています。

ですので、これらの職種へ転職を希望している人には最適な転職エージェントですが、これ以外の職種への転職を希望している人には求人が少ないため物足りなさを感じるでしょう。

パソナキャリアが第二新卒転職に強い(弱い)理由

パソナキャリアは第二新卒やフリーターに強い転職エージェントで、未経験OKの求人も多く保有していますし、キャリアコンサルタントのサポートも万全ですので第二新卒の転職に強いと言って良いでしょう。

ただし、面談できる拠点が3カ所しかないため、転職活動に慣れていない第二新卒が面談できない地域に住んでいる場合、十分なサポートが受けられるとは限りません。

パソナキャリアは基本的に第二新卒の転職サポートを精力的に行っていますが、カバーしきれない部分もありますので、第二新卒に対してどの部分で強く、どの部分で弱いのかご説明していきましょう。

1.第二新卒向けの求人が豊富(強い)

パソナキャリアは第二新卒向けの求人が豊富で、未経験の業種や職種にチャレンジできる求人も多数保有しています。

第二新卒の場合、転職しやすい職種として営業職の求人が多くなりがちですが、パソナキャリアの求人は営業職だけではなく様々な職種への転職が可能になっています。

第二新卒の人は、まだまだ若い年代ということで様々な職種への経験が可能ですので、将来のことも見据えて登録者に最適な求人も紹介してくれます。

2.第二新卒の転職に必要な知識を持つキャリアコンサルタントが在籍している(強い)

第二新卒が転職を成功させるにはキャリアコンサルタントの力が必要です。

キャリアやスキルに自信がある人は、必要ないと思っているかもしれませんが、第二新卒ということは社会人としての経験も少なくキャリアやスキルだけではなくビジネスマナーや所作なども未熟な人が多いのです。

そんな第二新卒の登録者には社会人として必要な知識やマナー、所作などを教えてくれますし、第二新卒だからこそ知っておかなくてはならない面接対策や、履歴書・職務経歴書の書き方など細部にわたりサポートしてくれます。

第二新卒の転職を成功させるために必要な知識や実績を持つキャリアコンサルタントが在籍しているため第二新卒に強い転職エージェントと言えるでしょう。

3.面談してくても面談できない地域もある(弱い)

パソナキャリアは第二新卒向けの求人も多く保有していますし、専任のキャリアコンサルタントが在籍しているため第二新卒に強いと言えるのですが、全ての人に言えることではありません。

第二新卒者は転職経験が浅い、もしくは転職経験がない人がほとんどです。

経験が浅い人の転職をサポートする場合、面談して信頼関係を築き、経験が浅い人の不安を取り除くということも大切です。

ですが、パソナキャリアが面談できる地域は東京・大阪・名古屋の3カ所だけですので、それ以外の地域は電話での対応になります。

電話だけでは伝わらないこともありますし、顔を合わせていないため信頼関係が築きにくく、転職活動に支障が出る可能性もあります。

パソナキャリアの評判

パソナキャリアの評判を見ているとキャリアコンサルタントの質に隔たりがあるようです。

質の高いキャリアコンサルタントはもちろんいますが、中には質の低いキャリアコンサルタントがいるようです。

ただし、紹介してもらえる求人数は業界最大手の転職エージェントより多かった、模擬面接は受けてよかった、履歴書や職務経歴書の添削はさすがだったなど良い評価もたくさん見られました。

では、実際にパソナキャリアを利用した人がどのような感想を持っているのか見ていきましょう。

パソナキャリアの良い評判

(以下http://www10.plala.or.jp/zikiru/shoukaigaisha/pasonacareer/転職エージェント体験レポートより引用)

とても丁寧な対応をして下さりよかったです。
何よりも迅速な対応でした。ヒアリングのその日に求人をいくつか送ってくださり、メールなどの対応も早かったです。
担当してくださった方は若めの女性の方でしたが、話しやすくとても優しい方でした。(24歳 女性)

 

私の希望する条件が多かった為なかなか良い案件には巡り逢えませんでしたが、担当の方がとても親身になって対応して下さいました。
担当以外の方もいつも笑顔で迎えて下さるので雰囲気的にも好感が持てました。
(25歳 女性)

 

パソナキャリアは こちらのわがままに近いような希望も聞いてくださり、とても重宝しています。
紹介してくれる案件量はとても多いです。中堅どころの会社の紹介が多いように感じます。ベンチャー企業はあまりないです。
担当者がとても親切で、根気よく紹介してくれます。ありがたいです。
(36歳 女性)

 

自分のこれまでの経験、実績、もっている知識や技術、強みなどを再度確認し、まとめる事により、次のキャリアへのステップが徐々に明確になってきた。
また、それまで相手の企業側に、自分のこれまでのキャリアを上手く説明する事が苦手だった自分にとって、今回のキャリアキャリアアドバイザーとの面談はたいへんためになった。 (28歳 男性)

 

カウンセラーさんがちょっと強気でした。強気というと表現が悪いかもしれません・・・可能/無理 をはっきりと言ってもらえたと思います。
私の場合それが後押しになって転職活動を進められたので感謝しています。自分の都合ばかり言っていては、結局どこも決まれず、ずるずる時間が経っていたかもしれません。 (24歳 女性)

パソナキャリアの悪い評判

(以下http://www10.plala.or.jp/zikiru/shoukaigaisha/pasonacareer/転職エージェント体験レポートより引用)

私の希望する条件が多かった為なかなか良い案件には巡り逢えませんでしたが、担当の方がとても親身になって対応して下さいました。
担当以外の方もいつも笑顔で迎えて下さるので雰囲気的にも好感が持てました。
ただ、たまに希望とはかけ離れた案件を猛プッシュされる事があってその点はマイナスかなと。(25歳 女性)

 

初めての人材紹介会社への登録。
恐らく転職希望者が多いからだろうが自分の今までやこれからのことはあまり質問されず、案件の紹介だけって感じ。(33歳 男性)

 

キャリアアドバイザーの方からメールが来ました。が、希望日時とは違う日を面談日にあげてきました。なんだか心配で面談に行きました。
第二新卒なので、厳しい事は分かっていましたが、キャリアアドバイザーの方がもってきた求人は、希望とは違うものばかり。。。(22歳 女性)

 

パソナキャリアの登録会に行ったのですが、アドバイザーの方の上からものをいうような態度に頭にきました。(24歳 女性)

 

女性の担当者でしたが、女性ならではの面接の話などもしてくれて、その場で求人も紹介してくれました。
しかし、求人の内容は半分以上は派遣でした。。。派遣を考えているならここにこないのに…と少しがっかりしました。(26歳 女性)

パソナキャリアがおすすめな人

パソナキャリアは総合型の転職エージェントですので、幅広い業種や職種、幅広い年代に対応した求人があるので、基本的にはどんな方にもおすすめですが、特におすすめなのは、女性と年収アップした方、また第二新卒など転職弱者にもおすすめです。

女性の場合は、女性のためのサービスが豊富で求人も多く、女性ならではのワークライフバランスを考慮して求人を紹介してくれますし、年収アップ率は文句なしに高いわけですから、キャリアアップや年収アップを狙っている人にもおすすめです。

また、第二新卒や即卒、フリーターなど転職経験が少ない若い年代の求人にも強く転職に成功している人多いのでキャリアに自信がない人やフリーターなど社会経験未経験という人にもおすすめです。

求人数はさほど多くありませんが、求人の質は良いので女性や年収アップを狙っている人、第二新卒やフリーターなどキャリアに自信がない人にもおすすめの転職エージェントです。

パソナキャリアと一緒に使うべき転職エージェント

パソナキャリアの実績は業界第4位ということで、この1社で十分と思われるかもしれませんが、パソナキャリアでもカバーしきれていない部分があります。

転職エージェントは2~3社登録して利用する方が転職活動に有利になりますので、これまでお話してきたメリットやデメリットを考慮してパソナキャリアがカバーしきれていない部分をカバーできる転職エージェントを3社ご紹介しておきましょう。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは外資系に特化した転職エージェントで、ハイキャリアやハイクラスの求人を中心に扱っています。

パソナキャリアもハイクラスやハイキャリアの求人は扱っていますが求人数は圧倒的に少ないのが現状です。

これまでの自分のキャリアやスキルに自信がある人は、JACリクルートメントを併用してみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェント

求人数で言えばリクルートエージェントの右に出る転職エージェントはありません。

リクルートエージェントは業績・求人数共に業界第1位の実績を誇ります。

求人総数はなんと15万件を超えるとも言われていますので自分が希望する求人に出会えるチャンスが広がります。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは第二新卒や即卒など若い世代に強い転職エージェントです。

求人数も多く、若い世代向けの求人でも良質の求人だと評判です。

求人の質はパソナキャリアも良いのですが、求人数の多さで言えば、第二新卒や即卒など若い世代向けはマイナビエージェントが圧倒的に多いでしょう。

まとめ

これまでパソナキャリアの開設をしてきましたがいかがでしたか?

総合型の転職エージェントということで、様々な人が利用できる転職エージェントですが、全てのことをカバーしきれていません。

特に業績は業界第4位と言われていますが、求人数が少ないので自分に合う求人数が見つからない可能性もあります。

もちろん、求人数が多ければ良いということではありませんので、自分が欲しい求人を保有している転職エージェントを見つけることが先決ですが、求人数が多ければそれだけ紹介してもらえる求人も増えるということですので、パソナキャリアと併用すると良い転職エージェントの情報を見て、登録する転職エージェントの一つに求人数が多いところを入れておいた方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*